肥料混入器 エフピーエス FPS-1S 200倍 3種類のホース径に対応



肥料混入器のエフピーエス、希釈倍率200倍です。清酒一升瓶はご自分でご用意してください。(なるべく色の薄いビンがお勧めです) ペットボトルを使用する場合は、別売りのFPS用ペットボトルアタッチメント(780円)が必要です。

ホース径: 15ミリ、20ミリ、25ミリ対応
流水量3から15リッター/分で混入比率が200倍です。
【特徴】
流水量の多少に応じて自動的に混入量も変わりますので、各形式の流水量の範囲内であれば混入比率はほぼ一定です。
濃く混入する事が少ない構造です。流水量や圧力が変化しても混入比率は変わりません。水の流れが止まれば混入も止まります。

【混入原理】
エフピーエスはベンチュリーの原理を利用して流れる水に液肥を混入します。混入量は流れる水の量に比例しますから、水量が変化しても混入比率は変わりません。また水圧の影響を受けませんから、途中で圧力が変化しても混入比率は変わりません。
【液肥の減り方】
エフピーエスに水が流れると容器の液肥は水に混ざり、その分だけ水が容器の中に入ります。(空気が入るのではありません)
水より液肥の方が重いので入った水は液肥の上に溜まります。
こうして最後には全部水になります。

【形式の選び方】
エフピーエス肥料混入器を選ぶときは「倍率」ではなく、「流水量」で選んで下さい。選定を誤りますと混入しない場合があります。
エフピーエスは形式によって流せる水量が決まっています。各形式の流水量の範囲で使用してください。
ホースで散布するのはFPS-1S型が良いでしょう。
ノズルやスプリンクラーで散布する時は、ノズル1ヶの散水量にノズルの数を掛けて流れる水量を計算してください。
薄い液肥を散布したい時は原液を水で薄めてください。

【使用方法】
1.バルブを開き水を流せば混入が始まります。
2.混入が始まったら容器を動かさないでください。
3.液肥と水の境界線は斜め上から見ると見えます。見え難いときは液肥に赤インクか食紅で着色してください。
4.流れる水量が少ないとエフピーエスの下流側のホースの中に空気が残ることがあります。混入比率が薄くなりますので、コネクターシーリングを少し緩めて空気を排出してください。

肥料混入器 エフピーエス FPS-1S 200倍 3種類のホース径に対応

価格:
3,200円 (税込)
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる